住宅ローン借り換え体験談

- 返済負担を軽くする

返済負担を軽くする

住宅ローンの借り換えをお勧めする理由は、返済額を減らすことができて、お得になる場合があるからです。
そのポイントは金利です。
現在組んでいるローンより金利が低いローンに借り換えることができれば、その分利息は少なくなり、返済総額を減らすことができます。
これによって、月々の返済負担を軽くすることもできますし、毎月の返済額は変えずに返済期間を短縮することもできます。

具体例を挙げて説明しましょう。
例えば、1000万円を借り入れて、年利5%の住宅ローンを組んだとします。
この場合、1年間で50万円の利息が生じますので、返済総額は1050万円になります。
これを月々10万円ずつ返済していくとすると、仮に1000万円を返済し終えたとしても、利息分の50万円をさらに5カ月かけて返済しなければなりません。
もちろん、この5カ月の間にも利息が発生しますので、結局のところ、利息の支払いのために5カ月以上も返済期間が延長することになります。

では、年利3%のローンなら、どうでしょうか。
先の例と同様に1000万円を借り入れたとすると、利息は1年間で30万円となり、返済総額は1030万円になります。
月々の返済額も同じく10万円とすると、利息分の返済に3カ月かかり、さらにその間に発生する利息分も含めると、3カ月以上かかることになります。

上記のケースでは、年利5%のローンと年利3%のローンを比べると、返済総額では20万円を越える差が生じ、返済期間も違ってきます。
借り入れた額が大きくなれば、その差はさらに大きくなるでしょう。
このように、金利の低い住宅ローンに借り換えれば、返済総額を減らすことが可能になり、お得になるかもしれないのです。住宅ローンシュミレーション 比較 シュミット君

Copyright(C)2013 住宅ローン借り換え体験談 All Rights Reserved.